smtwtfs
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
profile
recommend
逆転の年収格差―「戸建賃貸住宅」投資で私的年金づくりを!
逆転の年収格差―「戸建賃貸住宅」投資で私的年金づくりを! (JUGEMレビュー »)

ウェーブハウスの市川 周治が執筆した逆転の年収格差 不動産投資の成功理論を公開しています。
recommend
recommend
市川 周治 オススメ 食べログ投稿記事
ゼロから始める不動産投資
IMG_5294.JPG
フェイスブック
Shuji Ichikawa

バナーを作成
new entries
categories
recent comment
recent trackback
links
mobile
qrcode
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
search this site.

浸水想定域に住宅誘導 

土地BANK 洪水情報
↑岡山市内の洪水想定 ハザードマップ
土地BANK 洪水情報
↑岡山市内の洪水想定地域とDID 人口集中地区を重ねたデータ。
土地BANK 洪水情報
↑ 土地BANK 災害情報表示機能より抽出

このように、ITツールを活用することで、その地域のリスクを簡単に知ることができます。
普段の防災意識がイザという時に生きるか死ぬかという命の境界線を左右するのです。


今朝の日経新聞の記事によると、
以下 2018年9月2日 日経新聞朝刊 1面より引用

西日本豪雨などで洪水被害が相次ぐ日本列島。天災への備えが一段と求められるなか、まちの集約計画を掲げる主要な自治体の約9割で、浸水リスクの高い地区にも居住を誘導していることが日本経済新聞の調べで分かった。こうした地区にはすでに住宅が集まっているケースもあり、都市の効率向上と災害対策を両立させる難しさが浮き彫りになった。まちづくりと防災対策を擦り合わせ、集約計画を再点検する必要がある。

 全国でコンパクトシティー形成をめざす「立地適正化計画」の策定が進んでおり、120以上の市町が居住を誘導する区域を設定している。都市密度を高めて1人あたりの行政費用を抑えるためで、区域外の開発には届け出を求めている。

 一方で各自治体は洪水時の浸水予測をハザードマップなどで公表。1メートル以上の浸水であれば一戸建ての床上、3メートル以上であれば2階まで浸水する恐れがあるとされる。


自分が住んでいる地域にどのようなリスクがあるのか、それを知って生活するのは災害大国日本に

住むには不可欠な行動なのではないでしょうか?

今回の西日本豪雨では、災害の比較的少ない岡山県でも一部地域が大きな被害に遭いました。

連日報道される倉敷市真備地区はハザードマップで見ると、浸水深が、5メートルを超える地域が広がるエリア

なのです。

すでに住んでいる家から移住することは困難なことです。せめて自分が住んでいる地域にどのようなリスクが

存在するのか調べてみませんか?

もし、ご自分の居住エリアのリスクを知りたい方はウェーブハウスにお気軽にお問合せください。

岡山の不動産プロフェッショナル集団 株式会社ウェーブハウス

20170402_1222248.jpg



不動産売買営業に革命をおこすツール 【土地BANK】
20170402_1222249.jpg



土地BANK You Tube チャンネルへの登録はこちら  
YouTube-logo-min-print-height.jpg



岡山で不動産を売却するなら 簡単自動査定システム【不動産売却王】

20170402_1222257.jpg


岡山駅前すぐの貸会議室 【岡山貸し会議室】

20170402_1222258.jpg



不動産を売却するなら 簡単自動査定システム 【不動産売却王全国版】 

zenkokuban_banner.jpg








at 10:27, 市川 周治, ニュース

comments(0), trackbacks(0)

融資資料改ざん問題

_MG_1386.jpg



最近、新聞紙面を賑わせている、スマートデイズのかぼちゃの馬車のシェアハウスの問題。

スルガ銀行が主に絡んでいる問題だが、不正融資が実に2兆円にものぼる様子。

さらに、今日の日経新聞の記事によるとサッカーの本田圭佑選手のCMでもおなじみのTATERUの審査

書類の融資残高を水増しして審査を通すなど、不動産業者とスルガ銀行が結託してか、もしくは不動産業者

が改ざんしても、黙認したり、まさに平成バブルさながらの不正が未だに行われている事実に驚いている。

融資資料を改ざんすることはもちろん違法だが、それをあえて目先の成績を上げるために黙認もしくは

みずから資料を改ざんする。平成バブルの時には常識的に行われていた習慣だが、平成も終わろうとしている

今の時代でも、昔の体質と変わっていない状況に同業者として非常に恥ずかしく思う。

金融緩和による投資用不動産の価格高騰の背景には融資する金融機関が1件あたりの融資額が効率よく

稼げるのでそこに走ったことも一因でしょう。

そこで、一般の投資家は不動産投資=あやしいという単純な構図で見られてしまう傾向にあること。

そもそも、悪いのは市場価値の低いシェアハウスという商品を高額でサブリースという手法でほとんど詐欺のように売り

まくった粗悪な物件を扱う怪しい業者とそこにセットで融資する金融機関だったのです。

ここで訴えたいのは、不動産投資はキチンと物件を見極めて購入すれば長期的に資産構築に役立つ非常に優れた

手法であることは変わらないことです。

人生100年時代を生きていき、優良な資産を比較的に安全に構築できる手法としては間違いない商品であることは

ご理解いただきたいと考えています。

そこでウェーブハウスでは不動産売買のセカンドオピニオン的な立場でその物件を購入してもいいものなのか

購入しないほうがいいものなのか、コンサルする業務を始めました。

1時間 32,400円とリーズナブルにお受けいたします。

ご用命の方は事前にご予約ください。


岡山の不動産プロフェッショナル集団 株式会社ウェーブハウス

20170402_1222248.jpg



不動産売買営業に革命をおこすツール 【土地BANK】
20170402_1222249.jpg



土地BANK You Tube チャンネルへの登録はこちら  
YouTube-logo-min-print-height.jpg



岡山で不動産を売却するなら 簡単自動査定システム【不動産売却王】

20170402_1222257.jpg


岡山駅前すぐの貸会議室 【岡山貸し会議室】

20170402_1222258.jpg



at 13:15, 市川 周治, 不動産投資の話

comments(0), trackbacks(0)

土地BANK チャンネル

土地BANK チャンネル
不動産の営業で希望条件の物件が出てこない時はこうする!



【納得!】不動産の営業で物件の安全性はこうやって伝える!



【納得】不動産物件の将来の売却価格をお客様と話す方法が判明!


【解決】不動産販売の査定依頼、こうすれば他社に負けない!?



You Tube チャンネルへの登録はこちら 


岡山の不動産プロフェッショナル集団 株式会社ウェーブハウス

岡山の不動産プロフェッショナル集団 株式会社ウェーブハウス

20170402_1222248.jpg



不動産売買営業に革命をおこすツール 【土地バンク】

20170402_1222249.jpg



岡山で不動産を売却するなら 簡単自動査定システム【不動産売却王】

20170402_1222257.jpg


岡山駅前すぐの貸会議室 【岡山貸し会議室】

20170402_1222258.jpg

at 12:43, 市川 周治, 土地バンク

comments(0), trackbacks(0)

土地バンクを活用して 不動産の価格を知る




お客様から周辺相場を聞かれることってないですか?又

お客さまの立場として自分が購入しようとしているエリアやマンションが

どれくらいの価格で取引されているのか知りたくないですか?

ベテラン営業マンなら過去の取引事例が頭の中に入っているので

瞬時に答えることができるでしょうが、営業経験の浅い営業マン

なら、戸惑ってしまうでしょう。

そこで土地バンクで過去取引事例を検索すれば瞬時にそのエリアの相場が表示

されるのでお客さまと会話を楽しみながら説明することができるのです。

岡山の不動産プロフェッショナル集団 株式会社ウェーブハウス

20170402_1222248.jpg



不動産売買営業に革命をおこすツール 【土地バンク】

20170402_1222249.jpg



岡山で不動産を売却するなら 簡単自動査定システム【不動産売却王】

20170402_1222257.jpg


岡山駅前すぐの貸会議室 【岡山貸し会議室】

20170402_1222258.jpg

at 10:24, 市川 周治, 土地バンク

comments(0), trackbacks(0)

路線価が発表されました

日経新聞 路線価  ウェーブハウス
↑ 本日の日本経済新聞に私のコメントが掲載されました。

2018年1月1日現在の路線価が昨日発表されました。

全国的に都市部は大幅な上昇。地方は横ばいか下落。

以前から、記事に書いているように、日本の地価は上昇している地区と

そうでない地区の二極化が顕著になっている。

それは大都市圏だけでの話ではなくて、地方都市でも同じ現象が起こっている。

東京23区内に関して言えば、ほとんどの地域で上昇しているが、郊外でしかも

駅から遠い、坂道の多い古い団地などは、なかなか売却するのに苦労するようです。

岡山のような地方都市でもそのような現象は顕著で、岡山駅前の大通り沿いのマンションは

分譲後10年が経過しても、販売当初の2〜3割増しで売れている。

最近では、ホテル用地や商業用地としてのニーズが強いので坪単価1,000万円を超える取引も

ちらほら出て来ている。

市街地から少し離れた場所でも人気のエリアはここ数年で40〜50%値上がりしているのです。

当面はこのような現象が続くのではないかと見ています。



岡山の不動産プロフェッショナル集団 株式会社ウェーブハウス

20170402_1222248.jpg



不動産売買営業に革命をおこすツール 【土地バンク】

20170402_1222249.jpg



岡山で不動産を売却するなら 簡単自動査定システム【不動産売却王】

20170402_1222257.jpg


岡山駅前すぐの貸会議室 【岡山貸し会議室】

20170402_1222258.jpg



at 16:26, 市川 周治, メディア出演情報

comments(0), trackbacks(0)