smtwtfs
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
profile
recommend
逆転の年収格差―「戸建賃貸住宅」投資で私的年金づくりを!
逆転の年収格差―「戸建賃貸住宅」投資で私的年金づくりを! (JUGEMレビュー »)

ウェーブハウスの市川 周治が執筆した逆転の年収格差 不動産投資の成功理論を公開しています。
recommend
recommend
市川 周治 オススメ 食べログ投稿記事
ゼロから始める不動産投資
IMG_5294.JPG
フェイスブック
Shuji Ichikawa

バナーを作成
new entries
categories
recent comment
recent trackback
links
mobile
qrcode
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
search this site.
<< 融資資料改ざん問題 | main |

浸水想定域に住宅誘導 

土地BANK 洪水情報
↑岡山市内の洪水想定 ハザードマップ
土地BANK 洪水情報
↑岡山市内の洪水想定地域とDID 人口集中地区を重ねたデータ。
土地BANK 洪水情報
↑ 土地BANK 災害情報表示機能より抽出

このように、ITツールを活用することで、その地域のリスクを簡単に知ることができます。
普段の防災意識がイザという時に生きるか死ぬかという命の境界線を左右するのです。


今朝の日経新聞の記事によると、
以下 2018年9月2日 日経新聞朝刊 1面より引用

西日本豪雨などで洪水被害が相次ぐ日本列島。天災への備えが一段と求められるなか、まちの集約計画を掲げる主要な自治体の約9割で、浸水リスクの高い地区にも居住を誘導していることが日本経済新聞の調べで分かった。こうした地区にはすでに住宅が集まっているケースもあり、都市の効率向上と災害対策を両立させる難しさが浮き彫りになった。まちづくりと防災対策を擦り合わせ、集約計画を再点検する必要がある。

 全国でコンパクトシティー形成をめざす「立地適正化計画」の策定が進んでおり、120以上の市町が居住を誘導する区域を設定している。都市密度を高めて1人あたりの行政費用を抑えるためで、区域外の開発には届け出を求めている。

 一方で各自治体は洪水時の浸水予測をハザードマップなどで公表。1メートル以上の浸水であれば一戸建ての床上、3メートル以上であれば2階まで浸水する恐れがあるとされる。


自分が住んでいる地域にどのようなリスクがあるのか、それを知って生活するのは災害大国日本に

住むには不可欠な行動なのではないでしょうか?

今回の西日本豪雨では、災害の比較的少ない岡山県でも一部地域が大きな被害に遭いました。

連日報道される倉敷市真備地区はハザードマップで見ると、浸水深が、5メートルを超える地域が広がるエリア

なのです。

すでに住んでいる家から移住することは困難なことです。せめて自分が住んでいる地域にどのようなリスクが

存在するのか調べてみませんか?

もし、ご自分の居住エリアのリスクを知りたい方はウェーブハウスにお気軽にお問合せください。

岡山の不動産プロフェッショナル集団 株式会社ウェーブハウス

20170402_1222248.jpg



不動産売買営業に革命をおこすツール 【土地BANK】
20170402_1222249.jpg



土地BANK You Tube チャンネルへの登録はこちら  
YouTube-logo-min-print-height.jpg



岡山で不動産を売却するなら 簡単自動査定システム【不動産売却王】

20170402_1222257.jpg


岡山駅前すぐの貸会議室 【岡山貸し会議室】

20170402_1222258.jpg










at 10:27, 市川 周治, ニュース

comments(0), trackbacks(0)

comment









trackback
url:http://wavehouse.jugem.cc/trackback/4204