smtwtfs
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
profile
recommend
逆転の年収格差―「戸建賃貸住宅」投資で私的年金づくりを!
逆転の年収格差―「戸建賃貸住宅」投資で私的年金づくりを! (JUGEMレビュー »)

ウェーブハウスの市川 周治が執筆した逆転の年収格差 不動産投資の成功理論を公開しています。
recommend
recommend
市川 周治 オススメ 食べログ投稿記事
ゼロから始める不動産投資
IMG_5294.JPG
フェイスブック
Shuji Ichikawa

バナーを作成
new entries
categories
recent comment
recent trackback
links
mobile
qrcode
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
search this site.
<< 土地BANK チャンネル | main | 浸水想定域に住宅誘導  >>

融資資料改ざん問題

_MG_1386.jpg



最近、新聞紙面を賑わせている、スマートデイズのかぼちゃの馬車のシェアハウスの問題。

スルガ銀行が主に絡んでいる問題だが、不正融資が実に2兆円にものぼる様子。

さらに、今日の日経新聞の記事によるとサッカーの本田圭佑選手のCMでもおなじみのTATERUの審査

書類の融資残高を水増しして審査を通すなど、不動産業者とスルガ銀行が結託してか、もしくは不動産業者

が改ざんしても、黙認したり、まさに平成バブルさながらの不正が未だに行われている事実に驚いている。

融資資料を改ざんすることはもちろん違法だが、それをあえて目先の成績を上げるために黙認もしくは

みずから資料を改ざんする。平成バブルの時には常識的に行われていた習慣だが、平成も終わろうとしている

今の時代でも、昔の体質と変わっていない状況に同業者として非常に恥ずかしく思う。

金融緩和による投資用不動産の価格高騰の背景には融資する金融機関が1件あたりの融資額が効率よく

稼げるのでそこに走ったことも一因でしょう。

そこで、一般の投資家は不動産投資=あやしいという単純な構図で見られてしまう傾向にあること。

そもそも、悪いのは市場価値の低いシェアハウスという商品を高額でサブリースという手法でほとんど詐欺のように売り

まくった粗悪な物件を扱う怪しい業者とそこにセットで融資する金融機関だったのです。

ここで訴えたいのは、不動産投資はキチンと物件を見極めて購入すれば長期的に資産構築に役立つ非常に優れた

手法であることは変わらないことです。

人生100年時代を生きていき、優良な資産を比較的に安全に構築できる手法としては間違いない商品であることは

ご理解いただきたいと考えています。

そこでウェーブハウスでは不動産売買のセカンドオピニオン的な立場でその物件を購入してもいいものなのか

購入しないほうがいいものなのか、コンサルする業務を始めました。

1時間 32,400円とリーズナブルにお受けいたします。

ご用命の方は事前にご予約ください。


岡山の不動産プロフェッショナル集団 株式会社ウェーブハウス

20170402_1222248.jpg



不動産売買営業に革命をおこすツール 【土地BANK】
20170402_1222249.jpg



土地BANK You Tube チャンネルへの登録はこちら  
YouTube-logo-min-print-height.jpg



岡山で不動産を売却するなら 簡単自動査定システム【不動産売却王】

20170402_1222257.jpg


岡山駅前すぐの貸会議室 【岡山貸し会議室】

20170402_1222258.jpg



at 13:15, 市川 周治, 不動産投資の話

comments(0), trackbacks(0)

comment









trackback
url:http://wavehouse.jugem.cc/trackback/4203