smtwtfs
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
profile
recommend
逆転の年収格差―「戸建賃貸住宅」投資で私的年金づくりを!
逆転の年収格差―「戸建賃貸住宅」投資で私的年金づくりを! (JUGEMレビュー »)

ウェーブハウスの市川 周治が執筆した逆転の年収格差 不動産投資の成功理論を公開しています。
recommend
recommend
市川 周治 オススメ 食べログ投稿記事
ゼロから始める不動産投資
IMG_5294.JPG
フェイスブック
Shuji Ichikawa

バナーを作成
new entries
categories
recent comment
recent trackback
links
mobile
qrcode
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
search this site.
<< 土地バンクの最新動画 営業場面別の活用方法 その1 | main | 土地BANK チャンネル >>

老朽マンション耐震化進まず 岡山市内 老いる住民、かさむ費用

先日 山陽新聞の取材を受けた岡山のマンション事情に
関する話が記事になりました。

岡山市中心部では再開発事業で分譲マンションの建設計画が相次いでいるが、その一方で老朽化したマンションの耐震化問題があらためてクローズアップされている。旧耐震基準で建設されたマンションは、建物の入居者の老齢化や建物の老朽化が目立ち、このままの状態が続けば近い将来、廃墟となるビルが多数出現する恐れが指摘されているからだ。岡山市は災害時の倒壊などによる被害の拡大を防ぐため、耐震診断を受けるよう指導しているが、費用の問題や入居者の合意形成がネックとなり、診断を受けるケースは極めて少ないのが現状だ。行政や関係者は今後、老朽化マンションの安全対策にどう対応していくのか―。高齢化社会における中古マンションの現状と課題などについて取材した。

再開発事業によるマンション供給が過剰になれば、「中古マンションから新築マンションへの買い替え需要が進むことも予想され、老朽化マンションの空き家問題は今後さらに深刻化することも考えられる」(県不動産鑑定士協会)。分譲、賃貸マンションなどの不動産売買・仲介を行うウェーブハウス(岡山市北区辰巳)の市川周治社長は、現在の中古マンションの動向について「資材費、工賃の上昇などで新築物件が値上がりしており、優良な中古物件が人気。岡山市中心部の桃太郎大通り沿いのマンションでは新築当時の購入価格の1.2〜1.3倍に値上がりしているケースもある」とするが、今後の見通しについては「新築マンションの供給が過剰になれば、必然的に中古マンションの空き家が増加する。特に市街地から少し離れた老朽化したマンションが厳しいのでは」と予想。市中心部でのマンションの需給動向について県不動産鑑定士協会の白神会長は「市内では発売開始とともに億単位のマンションが飛ぶように売れていると聞くが、県外からの投機筋の購入もあり、実情は庶民の需要動向と一致しているわけではない」と話す。


山陽新聞 デジタルより引用 
全文はこちら。
#ウェーブハウス #山陽新聞 #マンション事情 #ニュース



岡山の不動産プロフェッショナル集団 株式会社ウェーブハウス

20170402_1222248.jpg



不動産売買営業に革命をおこすツール 【土地バンク】

20170402_1222249.jpg



岡山で不動産を売却するなら 簡単自動査定システム【不動産売却王】

20170402_1222257.jpg


岡山駅前すぐの貸会議室 【岡山貸し会議室】

20170402_1222258.jpg

at 17:35, 市川 周治, メディア出演情報

comments(0), trackbacks(0)

comment









trackback
url:http://wavehouse.jugem.cc/trackback/4197