smtwtfs
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
profile
recommend
逆転の年収格差―「戸建賃貸住宅」投資で私的年金づくりを!
逆転の年収格差―「戸建賃貸住宅」投資で私的年金づくりを! (JUGEMレビュー »)

ウェーブハウスの市川 周治が執筆した逆転の年収格差 不動産投資の成功理論を公開しています。
recommend
recommend
市川 周治 オススメ 食べログ投稿記事
ゼロから始める不動産投資
IMG_5294.JPG
フェイスブック
Shuji Ichikawa

バナーを作成
new entries
categories
recent comment
recent trackback
links
mobile
qrcode
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
search this site.

老朽マンション耐震化進まず 岡山市内 老いる住民、かさむ費用

先日 山陽新聞の取材を受けた岡山のマンション事情に
関する話が記事になりました。

岡山市中心部では再開発事業で分譲マンションの建設計画が相次いでいるが、その一方で老朽化したマンションの耐震化問題があらためてクローズアップされている。旧耐震基準で建設されたマンションは、建物の入居者の老齢化や建物の老朽化が目立ち、このままの状態が続けば近い将来、廃墟となるビルが多数出現する恐れが指摘されているからだ。岡山市は災害時の倒壊などによる被害の拡大を防ぐため、耐震診断を受けるよう指導しているが、費用の問題や入居者の合意形成がネックとなり、診断を受けるケースは極めて少ないのが現状だ。行政や関係者は今後、老朽化マンションの安全対策にどう対応していくのか―。高齢化社会における中古マンションの現状と課題などについて取材した。

再開発事業によるマンション供給が過剰になれば、「中古マンションから新築マンションへの買い替え需要が進むことも予想され、老朽化マンションの空き家問題は今後さらに深刻化することも考えられる」(県不動産鑑定士協会)。分譲、賃貸マンションなどの不動産売買・仲介を行うウェーブハウス(岡山市北区辰巳)の市川周治社長は、現在の中古マンションの動向について「資材費、工賃の上昇などで新築物件が値上がりしており、優良な中古物件が人気。岡山市中心部の桃太郎大通り沿いのマンションでは新築当時の購入価格の1.2〜1.3倍に値上がりしているケースもある」とするが、今後の見通しについては「新築マンションの供給が過剰になれば、必然的に中古マンションの空き家が増加する。特に市街地から少し離れた老朽化したマンションが厳しいのでは」と予想。市中心部でのマンションの需給動向について県不動産鑑定士協会の白神会長は「市内では発売開始とともに億単位のマンションが飛ぶように売れていると聞くが、県外からの投機筋の購入もあり、実情は庶民の需要動向と一致しているわけではない」と話す。


山陽新聞 デジタルより引用 
全文はこちら。
#ウェーブハウス #山陽新聞 #マンション事情 #ニュース



岡山の不動産プロフェッショナル集団 株式会社ウェーブハウス

20170402_1222248.jpg



不動産売買営業に革命をおこすツール 【土地バンク】

20170402_1222249.jpg



岡山で不動産を売却するなら 簡単自動査定システム【不動産売却王】

20170402_1222257.jpg


岡山駅前すぐの貸会議室 【岡山貸し会議室】

20170402_1222258.jpg

at 17:35, 市川 周治, メディア出演情報

comments(0), trackbacks(0)

土地バンクの最新動画 営業場面別の活用方法 その1




#不動産 #ハウスメーカー #働き方改革
#土地バンク #ネットデータ #ウェーブハウス #不動産業界の働き方改革 #土地バンクの便利な使い方




土地バンクは不動産、ハウスメーカーで働く社員さんの、労働生産性を高め、働き方改革のお手伝いをする
ツールです。




岡山の不動産プロフェッショナル集団 株式会社ウェーブハウス

20170402_1222248.jpg



不動産売買営業に革命をおこすツール 【土地バンク】

20170402_1222249.jpg



岡山で不動産を売却するなら 簡単自動査定システム【不動産売却王】

20170402_1222257.jpg


岡山駅前すぐの貸会議室 【岡山貸し会議室】

20170402_1222258.jpg

at 18:22, 市川 周治, 土地バンク

comments(0), trackbacks(0)

土地バンクの動画が完成しました


↑ 土地BANKのプロモーション動画


↑ 土地BANKの説明動画


↑ 土地バンク活用の会社様の声


土地BANKは従来の不動産売買仲介の営業スタイルを変えることの出来るツールです。
お客様に自社の持つ豊富な情報をわかりやすく提供でき、より効果的な営業を行う事が可能です。
また、社内に眠っている様々な情報も簡単に共有することが可能ですので、業務改善にもお役立ちできます。
建築メーカー様に関しても、物件収集の効率化を図ることで、より多くの情報提供を行う事が可能です。



#不動産 #ハウスメーカー #働き方改革
#土地バンク #ネットデータ #ウェーブハウス #不動産業界の働き方改革 #土地バンクの便利な使い方




土地バンクは不動産、ハウスメーカーで働く社員さんの、労働生産性を高め、働き方改革のお手伝いをする
ツールです。




岡山の不動産プロフェッショナル集団 株式会社ウェーブハウス

20170402_1222248.jpg



不動産売買営業に革命をおこすツール 【土地バンク】

20170402_1222249.jpg



岡山で不動産を売却するなら 簡単自動査定システム【不動産売却王】

20170402_1222257.jpg


岡山駅前すぐの貸会議室 【岡山貸し会議室】

20170402_1222258.jpg

at 13:18, 市川 周治, 土地バンク

comments(0), trackbacks(0)

日本経済新聞に掲載されました

IMG_1643.PNG


土地バンクの記事が日本経済新聞 中国経済版 広島版に掲載されました。

不動産テックの先駆者的な存在として、技術を磨き、発展させていくことで不動産流通の活性化に貢献したいと

考えています。

今後、我々の不動産業界は情報化の流れがどんどんオープンにそして流通量が莫大に増して行くことが

予想されます。その中で今までは営業マンが勘と経験と度胸で勝負していたのですが、そのような

旧態依然とした経営資源に頼っていたのでは未来はないと思っています。

通常の方法で情報収集をするのは限界が生じているのではないでしょうか。

ネットに常につながった世界では日々の営業の場面で、プロの営業マンより、お客さまの方が情

報に詳しいというケースを経験するのではないでしょうか。

そんな矛盾を解決するツールとして現場の意見を集約して開発したのが土地バンクなのです。

以下 日本経済新聞の記事を引用しました。



物件・地価情報 ネット地図で一覧 ウェーブ社、不動産営業を支援


 不動産仲介のウェーブハウス(岡山市)は土地や戸建て住宅、マンション販売の営業支援ツールを拡販する。インターネットの地図上に、最新の売買物件や周辺地価など関連する情報をまとめて表示できるのが特長だ。営業担当者が不動産情報サイトをひとつずつ検索・確認する手間が省け、営業効率が高まる。不動産関連のほかに建設業などに販売し、3年で500社の利用を目指す。

物件情報に加えて周辺の公示地価の推移などを表示し、顧客と商談しやすくする
画像の拡大
物件情報に加えて周辺の公示地価の推移などを表示し、顧客と商談しやすくする

人口統計やハザードマップなどの情報を一目で確認することも可能(写真はデモ画面)

 営業支援ツール「土地BANK」はウェーブハウスの関連会社、ネットデータ(同)が昨年開発。専用の検索エンジンを使って様々なサイトから収集した不動産関連情報を地図上に表示する。1日単位で売り出し物件の価格推移を確認したり、成約事例を表示したりできる。大手企業が運営する不動産情報サイトだけでなく、地場の中小不動産業者が手掛けるサイトも網羅する。

 小学校の校区やバス路線、ハザードマップ、公示地価のデータを組み合わせて表示することも可能。地価などの最新データは行政機関が公表直後に反映し、過去20年程度の価格や上昇率の推移をグラフで確認することもできる。

 主にタブレット端末での使用を想定しており、使用料は5アカウント当たり月5万円。これまでに全国の77社が採用している。

 今後はウェーブハウスが加盟している不動産売買のフランチャイズチェーン(FC)や業界内の協議会などのつながりを生かして、中小の不動産仲介業者に売り込む。併せて、建築コンサルタント会社を通じて、建設会社や住宅メーカーにマンションや戸建て住宅の予定地を探す手段として導入を働き掛ける。

 不動産関連の融資を審査する材料として、金融機関での使用も想定。企業の新規出店計画にも役立つとしており、3年で500社、5年で1000社での利用を見込む。

 中小の不動産仲介業者は独自に蓄積した地域や物件についての情報や知識、経験を使って営業するのが一般的。ただ近年はネットなどで客側が事前に情報を集めて商談するケースが増えてきているという。一地域の不動産関連情報をネット上で収集するには1時間程度かかるといい、ウェーブハウスの市川周治社長は「業務時間の短縮で働き方改革やコスト削減にもつながる」とする。

 今後は大学や不動産鑑定士と連携し、人工知能(AI)やビッグデータを活用して土地や物件の相場動向や予測を自動算出するといったシステムの高度化を検討する。売買のみならず賃貸物件でも活用できるようにしたいとしている。

 同社は1993年創業で、2017年12月期の売上高は3億7000万円。




#土地バンク #不動産業界の働き方改革 #ウェーブハウス #土地バンク便利な使い方 #日経新聞 #日本経済新聞




#不動産 #ハウスメーカー #働き方改革
#土地バンク #ネットデータ #ウェーブハウス #不動産業界の働き方改革 #土地バンクの便利な使い方




土地バンクは不動産、ハウスメーカーで働く社員さんの、労働生産性を高め、働き方改革のお手伝いをする
ツールです。


土地バンクの概要説明動画

土地バンクのプロモーション動画


岡山の不動産プロフェッショナル集団 株式会社ウェーブハウス

20170402_1222248.jpg



不動産売買営業に革命をおこすツール 【土地バンク】

20170402_1222249.jpg



岡山で不動産を売却するなら 簡単自動査定システム【不動産売却王】

20170402_1222257.jpg


岡山駅前すぐの貸会議室 【岡山貸し会議室】

20170402_1222258.jpg


at 10:33, 市川 周治, メディア出演情報

comments(0), trackbacks(0)

土地バンク 便利な使い方 その20〜人口統計編 2〜

土地バンク 人口統計1

土地バンク 人口統計2

土地バンク 人口統計5.jpg
↑エリアを1kmに設定して、最大値を4000に設定します。


人口集中地区を土地バンクで調べる機能
 人口集中地区とは(総務省統計局のサイトを引用
(1) 設定の趣旨及び経緯

 人口集中地区は、統計データに基づいて一定の基準により都市的地域を定めたものであり、次のような経緯から、昭和35年国勢調査以来各回の調査ごとに設定されているものである。
 国勢調査の結果は、主として都道府県及び市区町村という行政地域を単位として
集計・利用されており、このうち、市及び区はまとめて市部として、町及び村は郡部として、
それぞれ都市的地域又は農漁村的地域を表すものとして慣用されていた。
しかし、昭和28年の町村合併促進法及び昭和31年の新市町村建設促進法により、
多くの町村が新たに市制を施行し、又は既存市に合併されるに至って、
市部の地域内に、農漁村的性格の強い地域が広範囲に含まれるようになった。
この結果、市部の地域は、その面積が著しく広大となった反面、人口密度は低下し、統計上、「都市的地域」としての特質を必ずしも明瞭に表さなくなり、統計の利用に不便が生じてきた。
 そこで総理府統計局(現総務省統計局)では、昭和35年国勢調査の際に、
この「都市的地域」の特質を明らかにする新しい統計上の地域単位として
「人口集中地区」を市区町村の境域内に設定し、これらの人口集中地区についても
国勢調査結果を集計することとした。これによって、都市的地域の人口の実態を明らかにする
統計資料が提供され、地方交付税算定基準の一つとして利用されているほか、都市計画、地域開発計画、市街地再開発計画、産業立地計画、交通計画、環境衛生対策、防犯・防災対策、その他各種行政施策、
学術研究及び民間の市場調査などに広く利用されている。

(2) 設定の基準

 人口集中地区の設定に当たっては、国勢調査基本単位区及び基本単位区内に複数の調査区がある場合は調査区(以下「基本単位区等」という。)を基礎単位として、
1)原則として人口密度が1平方キロメートル当たり4,000人以上の基本単位区等が市区町村の境域内で
互いに隣接して、
2)それらの隣接した地域の人口が国勢調査時に5,000人以上を有するこの地域を「人口集中地区」とした。
 なお、人口集中地区は「都市的地域」を表す観点から、学校・研究所・神社・仏閣・運動場等の
文教レクリエーション施設、工場・倉庫・事務所等の産業施設、官公庁・病院・療養所等の
公共及び社会福祉施設のある基本単位区等で、それらの施設の面積を除いた残りの区域に
人口が密集している基本単位区等又はそれらの施設の面積が2分の1以上占める基本単位区等が
上記1)の基本単位区等に隣接している場合には、上記1)を構成する地域に含めた。


人口集中地区(DID)は人口減少時代には、コンパクト化していかないとコストの面から
インフラの維持、公共サービスの提供が困難になるため、今後不動産の価値を維持する地域の
目安になると考えられます。
我々不動産業者が客観データを活用してその地域の不動産の価値がどのように推移して
いくのかある程度予測し、情報提供することが他の不動産業者との差別化になるでしょう。
土地バンクを活用すると、お客様に物件情報を提案しながら、その地域の人口動向も
お伝えすることができるのです。

#土地バンク #不動産業界の働き方改革 #ウェーブハウス #土地バンク便利な使い方




#不動産 #ハウスメーカー #働き方改革
#土地バンク #ネットデータ #ウェーブハウス #不動産業界の働き方改革 #土地バンクの便利な使い方




土地バンクは不動産、ハウスメーカーで働く社員さんの、労働生産性を高め、働き方改革のお手伝いをする
ツールです。


岡山の不動産プロフェッショナル集団 株式会社ウェーブハウス

20170402_1222248.jpg



不動産売買営業に革命をおこすツール 【土地バンク】

20170402_1222249.jpg



岡山で不動産を売却するなら 簡単自動査定システム【不動産売却王】

20170402_1222257.jpg


岡山駅前すぐの貸会議室 【岡山貸し会議室】

20170402_1222258.jpg

at 11:41, 市川 周治, 土地バンク

comments(0), trackbacks(0)